失敗しない炊飯器の選び方

更新日:

一般的な炊飯器と違い、家庭用の酵素玄米炊飯器の選択肢は3機種のみです。
でも各メーカーが独自技術で開発しているので、それぞれ機能や炊きあがりは全く違います。
多くの方がどの機種を購入したら良いか迷ってしまいますね。
でもポイントを押さえてご自身の中で優先順位がはっきりしていればきっとあなたに最適な酵素玄米炊飯器に出会えるはずです!

酵素玄米炊飯器の選び方3つのポイント

最適な酵素玄米炊飯器を選ぶために、重要だと思われるポイントを3つに絞りました。
あなたにとってどれが最も優先順位が高いものでしょうか?


1.加熱方式の違い


2.内釜の違い


3.デザインの違い

1.加熱方式の違い

一般的な炊飯器は加熱方式によって次の3タイプに分けられます。

  • マイコン式炊飯器(独自のアルゴリズム)
  • IH式炊飯器
  • ガス式炊飯器

●マイコン式炊飯器(独自のアルゴリズム)

マイコン式炊飯器は、炊飯器内底部に取り付けられた電熱ヒーターで内釜を加熱し、炊飯・保温します。
イメージとしてはコンロの上に金属製の釜を置いて炊飯するような構造です。

マイコン式の炊飯器底部

では、なぜ『電熱熱ヒーター式』と呼ぶのではなく、『マイコン式』と呼ばれているのでしょうか?

電気炊飯器が登場した当時、炊飯器の炊飯方法は非常にシンプルなものでした。釜内が予め設定された温度に達すると電源が落ち、炊飯を制御するというものでした。そのため、炊きあがりにムラができてしまいました。

でも美味しいご飯を炊き上げるためには、微妙な火加減が不可欠。
この欠点を克服するために発明されたのが、電熱ヒーターの温度をコンピューターで制御する仕組みです。絶妙な火加減をコンピューターにプログラムして炊飯の火加減を制御しているのです。
このため、『マイコン式』と呼ばれるようになりました。

『はじめチョロチョロ中パッパ、赤子泣いてもふた取るな』


皆さまの中にはこの唄を聞いたことがある方もいるかもしれません。

これはかまどで白米を炊く際の火加減の順番が伝承したものです。
しかし玄米炊飯の場合はこの手順とは異なります。

マイコン式の酵素玄米炊飯器は、この火加減の手順を気の遠くなるような数の研究を重ね、最も美味しく炊けるパターンをプログラムしたものです。

マイコン式の酵素玄米炊飯器は『酵素玄米Pro2』と『なでしこ健康生活』の2機種です。

『酵素玄米Pro2』は長岡式玄米酵素のレシピを完全再現させるプログラムを持ち、これを『スーパーアルゴリズム』と名づけ、既に日本では特許を取得してあり、国際特許も申請中です。

『なでしこ健康生活』は、柔らかさと香ばしさを各4段階に分け、16通りのお好み味機能プログラムを持ちます。これは独自のアルゴリズムで、自分の好みの味が分かっていて細かく指定したい方には適した機能です。

また、マイコン式を使ったものは、他の家電製品と比べて電磁波の発生量が著しく低いのも特徴です。
ご家族に成長期のお子様いらっしゃる方には特にオススメです。

●IH式炊飯器

IH式炊飯器は、内釜自体を加熱して炊飯・保温する製品です。
本体に設置された磁力発生コイルから発生した磁力線が、内鍋の底を通過する際に、渦電流となり、その電気抵抗で内鍋自体が発熱する仕組みです。

IH式炊飯器のメリットは、立ち上がりの早い強火と高火力です。

IH式の酵素玄米炊飯器は『CUCKOO New 圧力名人』の1機種になります。

立ち上がりの早い強火には、熱伝導率が高い内釜を使うことでメリットが享受できますが、『CUCKOO New 圧力名人』では、敢えて熱伝導率の低いステンレスとチタンを選んでいるので、絶妙な火加減するのは難しそうです。

さらにIH式のメリットである高火力ですが、酵素玄米炊飯器の3種類は全て1.8気圧で炊飯を行います。これは炊飯時の最大温度がおよそ117℃になるということで、3機種全て同じ温度になります。そのため、高火力であるメリットもなさそうです。

また、IH式家電の発生する電磁波を気にされる方には使いにくい商品かもしれません。

2.内釜の違い

一般的な炊飯器の内釜の材質は以下のような物があります。

  • アルミニウム
  • ステンレス
  • チタン
  • 炭素

炊飯のことを考えると、内釜の素材は熱伝導率の高い炭や銅、鉄を使うと最高です。
絶妙な火加減ができるので、美味しいご飯が楽しめます。
反対に、微妙な火加減で調理できない熱伝導率の低い素材は避けるべきです。熱伝導率の低い金属は、チタンや、ステンレス等です。

そうは言っても、炭の内釜はご飯のこびりつきが酷く耐久性に欠けるし、鉄製の内釜は主婦が一人で扱うのが現実的でないくらい重いし、銅の内釜は非常に高価です。

しかも内釜は絶えず高温にさらされて、しゃもじに何度も接触するため、現代の技術では半永久的に使える内釜は存在しません。使っている内に必ず交換する必要が出てくる消耗品です。

アルミニウムの内釜

以上のことを考えて内釜を選ぶと、熱伝導率が高く、交換のコストが安い素材、『アルミニウム』がベストな選択と言えるでしょう。

内釜にアルミニウムを使った酵素玄米炊飯器は、『酵素玄米炊Pro2』と『なでしこ健康生活』です。

『なでしこ健康生活』は、ダイヤモンドコーティングを選ぶことで、交換の頻度を少なくしています。
『酵素玄米Pro2』は、フッ素コーティングを選び、交換コストを抑えています。

ステンレスの内釜

『CUCKOO New 圧力名人』は内釜素材にステンレスを使い、チタンを含む11層のコーティングを売りにしていて、交換コストが25,000円を超えています。
昨今の炊飯器は商品代金の大部分が内釜の価格ということが多いようです。
『CUCKOO New 圧力名人』の価格は税抜59,800円なので、そのおよそ半分が内釜の材質とコーティングのコストになっています。

内釜の交換にかかる費用

内釜の交換コストは以下です。

『酵素玄米Pro2』・・・税込7,020円
『なでしこ健康生活』・・・税込16,200円
『CUCKOO New 圧力名人』・・・税込25,920円

3.デザインの違い

炊飯器は、電子レンジやオーブントースターなどと同様に据え置きで使うもの。
特に、酵素玄米を作る場合は、保温状態にあることがほとんどです。
基本的に炊飯器はキッチンに置きっぱなしになるということですね。

そのためやはりデザインとサイズは酵素玄米炊飯器選びで非常に大切なポイントです。

左から『なでしこ健康生活』、『酵素玄米Pro2』、『CUCKOO New 圧力名人』

以下は私の個人的な感想です。

『なでしこ健康生活』・・・お米を意識したつるっとしたデザイン。デザインの重心が上部。色使いしガーリーなので、可愛らしいキッチンに合う。あまり高級感はありません。

『酵素玄米Pro2』・・・サイズは最もコンパクトでミニマルなデザイン。デザインの重心が中央。細部までしっかり作られていて最も高級感があるのでどんなキッチンにも合う。

『CUCKOO New 圧力名人』・・・最も大きく、ごつっとした無骨なデザイン。デザインの重心は下部。比較的高級感があります。色使いがストイックで、液晶が大きめ。炊飯開始、蒸気排出、炊飯終了の際には大音量のロックミュージックが流れます。

酵素玄米炊飯器は、長い間使うもの。
内釜を適切に交換していけば数十年使っていけるものだと思います。
ずっと使うものだから、飽きのこないしっかりしたデザインの物がオススメです!

失敗しない酵素玄米炊飯器のまとめ

加熱方式で選ぶなら・・・
電磁波の影響を重視される方でしたら、マイコン式の酵素玄米炊飯器。
少しでも安い電気代を重視されるのでしたら、IH式の酵素玄米炊飯器。

内釜の種類で選ぶなら・・・
絶妙な火加減で炊き上がりの味を重視されるのなら、アルミニウム製内釜。
保温時電気代を少しでも安くしたいなら、保温性の高いステンレス製内釜。

デザインの違いで選ぶなら・・・

今後引越したりする可能性があるのなら、どんなデザインにも合うデザイン。
かわいい、無骨等キッチンのテイストが決まっているなら、合ったデザイン。

という感じで選んでいけば間違いないと思います。

以上のポイントを全て考えると私のおすすめは断然『酵素玄米Pro2』ですね。

あなたにオススメの記事一覧

-酵素玄米炊飯器の比較, 酵素玄米炊飯器レビュー

Copyright© 【発芽・酵素玄米炊飯器】比較サイト・酵素玄米CLUB , 2021 All Rights Reserved.